カテゴリ:蜻蛉トンボ( 83 )


2016年 09月 23日

ネキトンボ

今日はネキトンボがメインでした。

a0026235_21525049.jpg


a0026235_21505438.jpg


a0026235_21511474.jpg

ネキトンボ♀
a0026235_21534669.jpg

ネキトンボは連結飛行したままに打水産卵をします。
a0026235_2155072.jpg


More

by aosagi56 | 2016-09-23 18:59 | 蜻蛉トンボ | Comments(0)
2016年 08月 26日

涼を求めてお山の池で

8月もあと少しで終わりです。ヒグラシのカナカナ-という声を聴きながら撮影していると少しは涼しく感じられます。

a0026235_21271919.jpg


by aosagi56 | 2016-08-26 20:40 | 蜻蛉トンボ | Comments(0)
2016年 08月 13日

盛夏にトンボ

鳥見の合間にトンボの観察をするのが毎年のパターンになっていますがその生息地は限られています。
今年はそのうちのルリボシヤンマが壊滅状態になりました。
トンボの生息環境は脆弱で,無事なのは宮内庁の管轄になっている某濠池ぐらいで,どんどん生息場所が減っています。また1ヶ所無くなってしまって嘆かわしい限りです。

いつもは夏も終わり頃に観に行くこの場所の状況が気になって車を走らせました。
現地はなんとか環境が維持されていて例年よりは少なめですが元気に飛び回っているミヤマアカネが見つかってほっとしました。
a0026235_19144396.jpg


a0026235_1914558.jpg


a0026235_19151510.jpg


a0026235_19153787.jpg


a0026235_19155251.jpg


by aosagi56 | 2016-08-13 18:37 | 蜻蛉トンボ | Comments(0)
2015年 08月 02日

トンボ

鳥見に行ってはいるのですが,ブログの更新は滞っています。
暑さもピークのここ当分の間はあまり無理して出歩かない方が良いかもしれません。
といって,家でクーラーにあたってゴロゴロしているだけなのもどうかと思うので昼間はあちこち鳥見に...。
鳥見の帰り,気になっていたトンボポイントへ。
ナニワトンボ。今年も姿を見せてくれました。
a0026235_2222411.jpg

年々数が減ってきているベニイトトンボ
a0026235_2223712.jpg

リスアカネ,
a0026235_2223245.jpg


by aosagi56 | 2015-08-02 22:23 | 蜻蛉トンボ | Comments(0)
2015年 07月 15日

トンボ

モートンイトトンボ♂。(体長23-32㎜)小型のイトトンボ。
今年も何とか撮れました。
a0026235_22343565.jpg


グンバイトンボ。体長34-40㎜,モノサシトンボよりは小型です。
鳥見に出掛けたのにトンボを見つけてしまいました。けっこう沢山いました。いるところにはいるものです。
せっかくの初見だったのに広角レンズを持って行っていなかったのでやむなくスマホでパチリ。(泪)
a0026235_22373228.jpg


どちらも県外での撮影です。

by aosagi56 | 2015-07-15 15:32 | 蜻蛉トンボ | Comments(0)
2015年 06月 05日

カワトンボ

三重県の湿原に行ってみましたが乾燥化が進んでいて湿地性のトンボは全滅でした。他に撮る物もなくニホンカワトンボ♂,
a0026235_2043254.jpg

♀,
a0026235_20432043.jpg


by aosagi56 | 2015-06-05 20:44 | 蜻蛉トンボ | Comments(0)
2015年 04月 28日

ホソミオツネントンボ

成虫で越冬(越年)して4月中旬頃から繁殖活動を始めます。わりあいよく見かけますが綺麗なので好きなトンボのひとつです。
a0026235_18403597.jpg

よくハートマークで繋がります,
a0026235_18413772.jpg


by aosagi56 | 2015-04-28 18:41 | 蜻蛉トンボ | Comments(2)
2014年 10月 03日

トンボ

ヒツジグサの池のトンボ。今年も何度か撮影に行きました。
a0026235_23373835.jpg

優雅に見えますが,命懸けの産卵です。
a0026235_23375837.jpg


a0026235_23381149.jpg

トノサマガエルが待ち構えています。何匹かは犠牲になりました。
a0026235_23515226.jpg

カエルから逃れ産卵も終えた♀,命がつきて池に浮いていました。幸せそうな顔が印象的でした。
a0026235_2351209.jpg

写真展前の撮影です。

by aosagi56 | 2014-10-03 18:30 | 蜻蛉トンボ | Comments(0)
2014年 09月 07日

ギンヤンマの孤独

この未草(ヒツジグサ)の咲く小池にやってくるトンボは主に,オオルリボシヤンマ,シオカラトンボ,ギンヤンマ,ネキトンボ,とクロイトトンボです。
夏の終わりから初秋にかけて,それぞれが子孫を残す為に産卵にやってきます。オオルリボシヤンマが主役で数匹の雌と雄が羽音をさせて飛び回る様が見事です。
個体数の多い年は1頭の雌に3頭程の雄が絡んで賑やかなのですが今年は雄を見かけません。
たまにパトロールに来る程度で雄は1-2頭しかいないようです。雌は4-5頭いて,ひっそりとですが産卵に余念がありません。
a0026235_2149485.jpg


a0026235_21492794.jpg


ネキトンボも今年は2組が産卵に来ていました。雄は池の端の小枝などに止まって待っていて,雌がやってくるとすばやく連結します。
a0026235_21502880.jpg


ギンヤンマは2週間前に観察したときにも雄が1頭だけでした。雌は見ません。今日も必死で縄張り確保のパトロールを続けていました。
a0026235_21505333.jpg


オオルリボシヤンマの雄がいないのを良いことに,なんと雌にアタックをかけ始めました。
a0026235_21514014.jpg


a0026235_215156100.jpg


a0026235_21521429.jpg


ついには馬乗りになってとうとうオオルリボシヤンマを追い払ってしまいました。
a0026235_2159887.jpg


1時間ほどして再度見に行ってみると,やってこない雌を待ちながら雄が寂しく池の上空をパトロールしているだけでした。
a0026235_2153423.jpg

ヒツジグサ。未の時刻(午後2時)に咲くので(実際は昼前から咲き始めます。)未草と名付けられています。
a0026235_2243775.jpg


by aosagi56 | 2014-09-07 21:57 | 蜻蛉トンボ | Comments(0)
2014年 08月 23日

トンボ

オオルリボシヤンマ♂。
a0026235_21161347.jpg

すんなり撮らせてくれたので今シーズン何度か撮りに行く楽しみがなくなりました。
a0026235_21183351.jpg


by aosagi56 | 2014-08-23 21:16 | 蜻蛉トンボ | Comments(2)