鳥見日和

aosagi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 06月 14日

コサギ

コロニーの近くの水田にコサギが降りていました。
a0026235_21561613.jpg


# by aosagi56 | 2017-06-14 21:58 | コサギ | Comments(0)
2017年 06月 11日

密かに観察中...でしたが,

コチドリが抱卵中です。2年振りになります。
遠くからそっと証拠写真を撮影。現場滞在は30秒ぐらいです。(笑)
a0026235_21335953.jpg
お母さんの留守中にスマホでパチリ。4個ありました。
a0026235_21352159.jpg
さて,今年はどうなりますやら?

今日の朝9時に確認に行ったときにはお母さんコチドリは抱卵していました。
5mぐらいの近くにケリが3羽います。
お父さんコチドリが必死に動き回りますがケリは全然動じません。
気になりつつその場を離れました。

11時半に現場に戻ってみたら,鳥が居ません!。
一昨年と同じで卵のかけらも残っていませんでした。(泪)
a0026235_21525645.jpg
隣の田んぼの畦でコチドリが鳴いていました...



# by aosagi56 | 2017-06-11 21:36 | コチドリ | Comments(0)
2017年 06月 06日

トンボの続き

アサヒナカワトンボ(体長42-57㎜)。山地の渓流にいます。
a0026235_21184313.jpg
ミヤマカワトンボ。体長64-78㎜。渓流のトンボです。
a0026235_21432286.jpg
ハッチョウトンボ♂。体長18-22㎜。世界でも最も小さいトンボの一つです。
a0026235_21222668.jpg
ハッチョウトンボ♀
a0026235_21231844.jpg
ハラビロトンボ♀。体長33-40㎜。
a0026235_21240792.jpg
サラサヤンマ♂。体長58-68㎜。テリトリーをパトロール飛行中です
a0026235_21252978.jpg



# by aosagi56 | 2017-06-06 18:17 | 蜻蛉トンボ | Comments(2)
2017年 06月 05日

サナエトンボ

マクロレンズ編,第2弾はサナエトンボ。(笑)
オグマサナエは(体長43-50㎜ほど)で比較的早い時期(4月下旬)に登場します。
a0026235_22344811.jpg
フタスジサナエは少し遅れて見られるようになります。同じく体長40-45㎜。通常胸部側面に2本の黒条があります。
a0026235_22420819.jpg
ダビドサナエ(体長42-49㎜)は渓流部で見ます。
a0026235_22491469.jpg
よく似ていますが少しずつ違います。それぞれ生息場所が違うので遠目でもほぼ見当が付きます。期待通りの所に居てくれるのは嬉しいものです。




# by aosagi56 | 2017-06-05 18:22 | 蜻蛉トンボ | Comments(0)
2017年 06月 04日

蛾と蝶々

近場で鳥が少なくなってきたので,望遠レンズをマクロレンズに付け替えて小さな昆虫がお相手です。
数年前ほどの熱心さがないので当然新種に出会える事もあまりありなく普通種がほとんどですが,過去のお復習いです。

ヒゲナガガ科のクロハネシロヒゲナガガ。
♂、
a0026235_21273194.jpg
対象が小さい(開張で13~15㎜)ので大変です。手持ちではブレブレ,三脚が必須です。
長いヒゲをユラユラ揺らしながらユーモラスな飛び方をします。
♀のヒゲはあまり長くありません,
a0026235_21324538.jpg
アカイラガ。こちらも前翅長は10㎜しかありません。イラガ科。
シャチホコ蛾科を調べましが見当たらず,イラガ科でやっと行き当たりました。
a0026235_21432539.jpg
マドガは比較的よく見かけます。開帳15㎜ほど。マドガ科。
花(野菊?)に止まりました。
a0026235_21480237.jpg
オナガアゲハ。前翅長50-60㎜,さすがに大きいです。(笑)
アザミに吸密に降り立ちました。羽化して間もないのか羽根が少しも欠けていない綺麗な個体でした。
a0026235_21552910.jpg
アオスジアゲハは青白い1本の筋が目を惹きます。開翅長45㎜ほど。
a0026235_22063617.jpg





# by aosagi56 | 2017-06-04 18:15 | 蝶々・蛾 | Comments(0)
2017年 06月 03日

青葉

アオバズクの季節になりました。
お父さんは少し眠たそうですが今年も定位置の止まり木で頑張ります。
a0026235_14422081.jpg


# by aosagi56 | 2017-06-03 14:42 | アオバズク | Comments(0)
2017年 05月 31日

オオセッカ


オオセッカが見たくなって遠征してきました。
推定羽数は1000羽程度のセンニュウ科の希少種で生息地は限られています。
広い葦原のそこかしこでヂュルヂュルヂュルヂュルと鳴き声は聞こえるのですがあいにく風が強い日だったので上の方には上がって来ません。
ピョーンと数mほど飛び上がってはすぐ芦の茂みに急降下します。
降りたと覚しき辺りで待つことにしました。
a0026235_23040399.jpg
少し鳴いては芦の茂みの中を飛び回ります。
a0026235_23051144.jpg
背中に黒褐色の太い縦斑があります。
a0026235_23065129.jpg
囀りは動画でも撮れました
a0026235_23084817.jpg
何とか姿が見られて良かった。。。。



# by aosagi56 | 2017-05-31 18:36 | オオセッカ | Comments(0)
2017年 05月 30日

アマサギ

神社のコロニーは今年もサギ達の子育て真っ最中です。
アオサギが数を減らしていて例年の半数ほどしかいませんが夜中も大騒ぎで喧しいばかりです。
といって,いざ居なくなると寂しくなるのでもう暫くのお付き合いです。
早朝にふと見上げると,珍しいことにアマサギが一羽。
ここでは初めて見ました。
a0026235_19281237.jpg

アオサギが飛び立ちます。スピードが遅いので3カット入りました。(笑)
a0026235_19302075.jpg



# by aosagi56 | 2017-05-30 18:15 | アマサギ | Comments(0)
2017年 05月 29日

チュウヒ

近場ではありませんが,大きな河の葦原で他の鳥を見ていたら,
悠然と飛んで来ました。
a0026235_21551408.jpg

a0026235_21540946.jpg
a0026235_21580557.jpg


# by aosagi56 | 2017-05-29 17:51 | チュウヒ | Comments(2)
2017年 05月 28日

今年も来てくれたけれど..

数日前の話ですが,田植えが始まったようなのでタマシギ探しに行ってみました。
大きなのカルガモに混じって,丸っこいのが3羽います,が...
サイズはほぼタマシギ大ですがよく見たらケリのひなでした。
a0026235_21060565.jpg
気をよくして近くを探してみたら,やっぱり来てました!。
a0026235_21074320.jpg
しばらくすると,田んぼの方へ,
a0026235_21084812.jpg
a0026235_21094004.jpg
ホテイアオイの所のタマシギと違って,ここに来るタマシギは神経質であまり愛想良くはありません。
次の日も見ることが出来ましたが,その後は行方不明です。
何処か近くに居るのかもしれませんが,例年のごとく顔見せだけで,稲が成長して茂ってしまうので雛が孵るのを見たことはありません。
まあ,来てくれただけでもよしとしましょう。



# by aosagi56 | 2017-05-28 21:17 | タマシギ | Comments(0)