鳥見日和

aosagi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 10月 17日

セイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウが黄色く色づいて来ました。ここの草原にもノビタキが数羽入っています。
a0026235_18364083.jpg
a0026235_18380116.jpg
近くにも来ます
a0026235_18390268.jpg
色んな処に留まります。
a0026235_18400372.jpg
ススキ(薄)に似ていますがオギ(荻)にとまりました。
a0026235_18410090.jpg
a0026235_18413493.jpg
a0026235_18424146.jpg


# by aosagi56 | 2018-10-17 18:43 | ノビタキ | Comments(0)
2018年 10月 15日

藤袴

県内でもアサギマダラを呼び寄せようと,何カ所かでフジバカマ畑を作っています。観光客も来るし村興しにもなっています。
昨年から準備していた新しいポイントが今年は花が順調に育ってアサギノダラか飛来しだしたようなので早速に行ってきました。
園内にはアサギマダラは数羽しかいませんでしたが,撮影を楽しむ分には充分でした。
白い花もあります。
a0026235_21201014.jpg

a0026235_21205589.jpg
当然,藤色も,
a0026235_21220654.jpg
a0026235_21255876.jpg
アップが多くなりました,
a0026235_21265204.jpg
a0026235_21282592.jpg
マクロレンズで接写!?,
a0026235_21293776.jpg




# by aosagi56 | 2018-10-15 14:13 | 蝶々・蛾 | Comments(0)
2018年 10月 14日

コスモス

コスモス畑。2&3回目です。
a0026235_20533561.jpg

a0026235_20542096.jpg
2日後,曇天の早朝が良かったようで,タップリ撮らせてくれました。
a0026235_20551508.jpg
a0026235_20561812.jpg
距離はありますが,ノビタキは遠景が似合います。
a0026235_20580877.jpg

a0026235_21001014.jpg
翌日は晴天で,日の出狙いの風景CMが多数。とても撮影にはなりません。時間が経ってくると一般の人出も増えてくるしで,
花は当分良さそうですが撮影チャンスはあまり無さそうです。





# by aosagi56 | 2018-10-14 13:52 | ノビタキ | Comments(0)
2018年 10月 13日

ノゲイトウ

今年は作付けの畑が変わったので当初はやって来ませんでした。ノビタキが増えるに従ってノゲイトウ(豆畑)にも入り出しました。
a0026235_20375220.jpg
現地に7時着。早々に活発に飛び回ります,
a0026235_20372372.jpg

a0026235_20384920.jpg
a0026235_20394443.jpg
a0026235_20415094.jpg
5・6羽はいるようで,睨み合いから,
a0026235_20432298.jpg
バトルも,
a0026235_20442258.jpg



a0026235_20480849.jpg
近くにも来てくれました。シャープネスでは無くてボカシを入れてみました。
a0026235_20494487.jpg
早朝の1時間ほどだけでしたが数羽が乱舞に近い状態で,近くのノゲイトウにもよく止まってくれるし満足のいく撮影行でした。
大阪のCM3名ほどが我が物顔で,鳥が5分も出ないと辛抱できずに車を降りてウロウロするのが迷惑千万でした。
もう一度は行きたいところですが,どうやら今シーズンはこの日限りになりそうです。








# by aosagi56 | 2018-10-13 20:45 | ノビタキ | Comments(0)
2018年 10月 11日

ノビタキ

10月はノビタキです。コスモス畑に今年も来てくれました。
a0026235_17171600.jpg
a0026235_17174781.jpg


# by aosagi56 | 2018-10-11 17:20 | ノビタキ | Comments(0)
2018年 10月 10日

写真展

恒例の写真展の季節になりました。お忙しいところ恐縮ですが ご高覧いただけましたら幸いです。

第8回  野馬見野鳥写真展 のご案内です。

 今回はメンバー15名での野鳥写真作品57点と動画展示1点です。

*場所 馬見丘陵公園 公園館2階 研修室
     奈良県北葛城郡河合町佐味田2202 

*日時 2018年10月23日(火) ~ 10月28日(日)
         午前 9:00 ~ 午後 4:30
    (初日は13:00~。最終日は ~3:00です)

a0026235_21044319.jpg

第23回  PCオルニス野鳥写真展 のご案内です。

今回はA1サイズの写真5点の展示もありますのでお楽しみください。

*場所 奈良市写真美術館一般展示室
     奈良市高畑町600-1 TEL.0742-22-9811 

*日時 2018年10月31日(水) ~ 11月4日(日)
         午前 9:30 ~ 午後 5:00
    (初日は13:00~。最終日は ~4:30です)
a0026235_11021808.jpg




# by aosagi56 | 2018-10-10 12:05 | 写真展他 | Comments(0)
2018年 10月 04日

ヨタカ

地元の公園では初めて見ました。最初,左向きで寝ていましたが,
a0026235_14003000.jpg
目が覚めたか動き出します
a0026235_14013442.jpg
樹の上で小刻みに躰を揺らしながら回転中です。
a0026235_14022911.jpg
向きを変えました。
a0026235_14055416.jpg
やはり居心地が悪いのか元の向きに戻って,寝てしまいました。(笑)
a0026235_14070347.jpg
9.22.夕方撮影。翌日朝にはもう居ませんでした。


# by aosagi56 | 2018-10-04 14:08 | ヨタカ・フクロウ | Comments(0)
2018年 10月 04日

秋のタカの渡り

毎週のように台風がやってきて,この週末も悪天候が懸念される中で貴重な秋晴れの2日間でした。絶好のタカ日和です。
久しぶりに県内のタカの渡りを観察に行ってきました。
10/2.三重県境の御杖高原牧場へ1年振りに向かいました。此所は奈良県でいえば渡りの入り口に相当します。
散発的に50-60羽の群れが通過,サシバが大半ですが数羽ハチクマも混じります。古後山の上空や南側の三峰山方向と幅広く渡っていきました。
高見山は観察者がいないので分かりませんが,やや弱い南風なので,こういう日は金剛山麓の方へ向かうと思われます。
(翌日観察記録を見ると,五条金剛山麓では過去最高の1800羽を超える記録でした。)
この日は滋賀県からの2名と4人だけの寂しい観察でしたが,毎年この時期2週間観察に行かれているOさんはトータル416羽カウントされました。
上空を通過したハチクマ,
a0026235_08203238.jpg
10/3.は朝出掛けに近所の野池でクロハラアジサシが飛んでいるのを発見。15分ほど楽しませて貰いました。
a0026235_08262450.jpg
その間,ヒヨドリの集団が何度か渡っていきます。
a0026235_08273503.jpg
公園でヤマガラを見てから,お昼前に県西部の栃原の観察所へ向かいました。
此所は丁度10年前(2018年)に約1600羽の渡りを観察をしたので,その期待もありました。
見晴らしは抜群ですが高くて遠いので双眼鏡のみを持って行きます。
着いて早々,集団の渡りが始まっていたようで,I氏にこの方角を渡っているよと教えて貰いますが,青空のその方角を見ても肉眼では何も見えません。
目が慣れるのを待って偶々近くを飛んだ飛行機を頼りに付近を双眼鏡で確認すると50-60羽のタカ柱が確認出来ました。
その後50-100羽の群れが2時間程の間次々に現れて,上昇気流を捉まえてタカ柱を作っては順次流れていきます。
風はこちらの台地に向かって吹いてくるタカ渡りが多数観察出来る絶好の気象状況です。
大淀の砕石所上空から西へ向かう100羽超の群れがあったので金剛山麓で観察している友人に連絡してみました。
結果は,それらしい群れは30羽程観察出来ただけのようで,同じ群れとはいえないようです。山麓より南側を通過したと思われます。
やはり,此所と山麓とは別カウントになるようです。
その後,北東の風向きが続いたので渡りは栃原岳上空に変わり,夕方まで同方向の渡りが続きました。
好天の間に出来るだけ渡っておこうというタカの必死の思いが伝わって来ます。
双眼鏡のみの観察でしたがN氏,K氏などベテランの観察者と一緒でしたので最終1400羽越えのカウントが出来,15:20に観察を終えました。


# by aosagi56 | 2018-10-04 09:10 | サシバ | Comments(0)
2018年 09月 29日

栗運び

今の時期,カケス君は栗運びに大忙しです。
a0026235_11512472.jpg
此所のカケスは丁寧に剥いてから運ぶ個体が多いです。
a0026235_11524251.jpg
山へ飛んで行きます。
a0026235_11530949.jpg


# by aosagi56 | 2018-09-29 11:53 | カケス | Comments(0)
2018年 09月 20日

塒(とや)

9月になって公園のエゴノキにやってくるようになった数羽の山雀に混じって
中に一羽,頬や顔の白い部分も茶褐色の綺麗な個体が混じっています。
最初は三宅島などに生息する亜種のオーストンヤマガラでは無いかとの話も有ったのですが,
よく観察すると体の大きさはヤマガラとほとんど同じ。頭頂部が幅広い茶褐色,喉のエプロン部分の黒帯が無く僅かに黒色の羽毛が認められる程度。
等の相違点から,暗色型のヤマガラ,所謂 弁慶山雀 と思われます。

同様の個体は最近では2015年・2017年にも観察されていて,希ではありますが時偶出現しています。
ヤマガラには8亜種がありますが,この個体は固定的な形質では無くて一時的に暗色に色変したヤマガラのようです。
80年ほど前の文献に,銀座のデパートでベンケイヤマガラとして売られていたものを入手,飼育していたら
塒(とや・換羽)の後に色変して頭部は殆どヤマガラと同じになり,躰脇・腹の部分は黒色になって驚愕したと書かれています。
この個体も色変して今の色になったのか,生まれつきの色変型なのかは分かりませんが
塒(換羽)後に普通のヤマガラに戻る可能性もあります。
昔のように飼育をして観察する訳にはいきませんが来シーズンどうなっているか楽しみです。
a0026235_22570493.jpg
ブログやツィッターは止まっていたのに,メールで噂が拡散して
9日の日曜日には小雨の中,関東(練馬や浜松ナンバー)や広島ナンバーの車も見られて
100人を超すカメラマンが集まり大騒ぎでした。
全般には整然としていたようですが,中にマナーの悪いカメラマンもいるし
ネット全盛の時代の情報管理の難しさを痛感しました。  9.11.

相当数のブログ等に掲載された事もあり
相変わらず30-50人のカメラマンが詰めかけています。
なかなかこの騒動が終息する気配が見えず,行儀の悪いカメラマンが散見されますが
あまり時間を置きすぎるのもなんですので取りあえず記事にしておきます。 9.19.



# by aosagi56 | 2018-09-20 13:04 | ヤマガラ | Comments(0)